セミナー実績

企業研修

谷口工務店

2018年01月10日

  • H部長

    「できていない30%を仕上げてもらうために、自分はどうしたらよいか?を常に考えるようにして、部下と対話するようにしたら、部下が生き生きと動くようになりました。」

  • M主任

    「まず職人さんの名前を覚えて、朝の挨拶を自分から行うようにしました。そうすると、職人さんも笑顔でで挨拶してくれるようになりました。それから、雑談で職人で職人さんの趣味など聞いて関心をもってあげると、

    親近感が湧き仕事も頼みやすなりました。仕事を頼むときも、仕事の目的をちゃんと伝えるようにしたら。こちらの期待以上の仕事をしてくれるようになりビックリです。」

  • N係長

    「仕事で結果を出すためには、人を動かすことが大切だと理解できました。そのために自分の我を通すのではなく相手の立場に立って相手の気持ちや現状を理解し、信頼関係を築くことを実践しています。そうすることで、
    目標達成につながり、自分にとっても相手にとってもいい結果に繋がっています。考え方や捉え方を少し変えるだけで自分も相手も変えることができ驚いています。紙一重の差に気づくことができて大変ありがたい講座でした。」

企業研修

西松建設株式会社

2018年8月30日

  • Aさん

    働く人それぞれが主役になれるように活躍の場を与えようと感じました。

  • Fさん

    できるかできないかのゼロ百思考ではなく、やるかやらないかの「チャレンジ思考」に切り替え、やっていることの過程を大事にしようと思います。

  • Sさん

    仕事を任せるとき、わかっているだろうと思って具体的な指示をしていなかったことに気づきました。具体的に相手がわかるまで説明していきたいと思います。

  • Mさん

    もう少し先を見て、現時点を改善できる視点を持とうと思いました。現場で、もっと声掛けしていきます。

  • Sさん

    相手にも考える時間を与えることの大事さに気づきました。休憩時間を利用したコミュニケーションを図りたいと思います。

  • Nさん

    自分の思いと相手の思いのさを少しでも小さくするために対話を重ねたいと思います。

自社開催

子どもの叱り方セミナー

2019年10月6日

  • S.U.さん

    家庭でのコミュニケーション「おはよう!ごちそう様!おやすみ!」などの大切さを先生のお話で心に強く感じました。夫婦のコミュニケーションを大事にして子供たちを陰ながら見守っていきたいと思います。とてもためになりました。ありがとうございました。

  • A.M.さん

    子供のことをよく知ること特に子供の気持ちになってあげることが大切だと気づきました。明日から肯定することばを積極的に使うようにして、進んで声を掛けてあげたいと思います。そして、忙しがらないで声を聴いてあげようと思います。

  • H.R.さん

    特に印象に残ったのは心のキャッチボールです。息子に話が通じていないとき、もしかして強すぎるボール、早いボールを投げていたのかなと反省しました。明日からやってみたいことは、子供の好きなことや物にもっと興味を持つこと、そして、もっと良いところをしっかりと褒めることです。どうもありがとうございました。

PAGE TOP